かみ合わせが反対になっていて、しばらく様子をみましょうと言われたけれど、このままでは心配という方や、歯並びを治したいけれど歯を抜くのはちょっとという方や、上の前歯がハの字にはえてきたけれどいいのかなと思っておられる方はいらっしゃいませんか?

井上歯科では歯並びが気になっておられる方に対して気軽に相談していただきたいと思っています。

まず、どうしてそういう歯並びになっているのかを一緒に考えてみましょう。

  • 普段からお口ポカーンじゃないですか?
  • 頬杖の癖がありませんか?
  • 寝る時は上を向いていますか?
  • 普段の舌の位置はどうですか?
  • 食べ方、飲み方はどうですか?

無意識で毎日行っていることが歯並びを悪くしている原因かもしれません。そのことが残っている状態で装置によって歯並びをきれいにしたとしても、いつのまにかまた悪くなっているということになります。

また、今までの矯正治療は小さいアゴに合わせて歯を抜いて並べようという考えもありました。でも、虫歯でもない歯をたくさん抜くことに抵抗はないですか?舌の大きさは変わっていないのに舌が収まる部屋である口の中だけを小さくしてもいいのでしょうか?

大人になってアゴの大きさが変わらなければ仕方ない面もありますが、成長途中の子どもさんなら、早い時期からアプローチすることにより、本来、舌や筋肉がしなければならないことを手助けして、アゴの正常な発達を促すことも可能です。それによって、歯を抜かずに済む可能性が大きくなったり、ワイヤーの矯正になっても短期間で済むメリットがあります。

少し成長が違う方向に行っているうちに、正常なレールに戻すお手伝いをしたいと考えています。大きくレールからはずれてしまってからの治療は大変です。

そのためにも気になることがあれば早く相談していただきたいと考えています。経過観察ということもありますが、早すぎていけないということはありません。

もうちょっと早く来院されれば、より簡単に治ったということが多いからです。

この歯並びはおかしいの?

そのままにしておけばどうなるの?

どうやって治すの?

治療の流れ